リース先の会社単位にリース品をわかり易く見える化をしたい。リース満了時に返却されるリース品の個体確認作業を簡素化したい。そんなリース業務の手間を改善するためにケーウェイズの物品管理ソフト「B-Touch」の導入は如何でしょう?

バーコード運用より更に便利に人件費を抑える運用を実現します。非常にシンプルで使いやすい視覚的な操作ソフトなのでシステム導入に二の足を踏んでいたお客様にも最適です。

リース品の所在管理と数量管理を実現

B-Touch」を使ったリース品の管理方法はリース中のお客様別にリース品の明細情報を管理することが可能です。そのため「B-Touch」をインストールしたパソコンを使うとお客様別にどのようなリース品が何台リースされているのか見える化管理が可能です。

また特定の場所で使っていたリース品を別の場所に移動して使いたい、そんな運用が発生した場合もリース品を移動先に移し替えて管理が可能です。
リース先の資産一覧表示

リース資産の返却運用の手間を削減

リース期間を終えた資産はお客様が引き取りご利用する場合、返却する場合もあるかと思いますが、返却時に頭を悩ます業務としてリース品の数量確認ではないでしょうか。

リース時のアイテム数が正しく返却されたか?リース品目が多くなればなるほど、数量確認の煩わしさが生じてしまうと思います。「B-Touch」の運用では取り付けたリース品ラベルにRFIDタグが取り付けてあるので、一括してリース品の返却数量を集計して作業時間の短縮を行えます。

一般的なQRコードのラベル管理の場合は、リース品が使われる環境によって油やホコリ、泥で汚れてしまったラベルや、強い日差しや持ち運びでかすれてしまったラベル情報があると、QRコードが消えてしまい読み取れない状況も生じますがRFIDなら電波を使うためデータ読取りが可能です。
リース資産にRFIDタグを貼り付け

各種リース品の数量管理にB-Touch

リース品はオフィスで利用する事務用機器や情報通信機器以外にも工場で利用するプレス機器、コンプレッサーなどの設備機器、病院やクリニックで利用される医療機器、建設業で利用されるブルドーザーやショベルカーなどの建設機器、工場や物流センターで利用の多いトラックやフォークリフトなどの輸送用機器など業界を問わず多岐に渡ってリース管理が可能です。

工場で利用する設備機器や移動が多い事務用機器、屋外での利用が多い建設機器や輸送機器などは先ほどご説明したように、ご利用環境で管理ラベルが汚れてしまい読みにくくなる場合もありますが、RFID管理ラベルでは、管理情報を電波で読み取れるので安心です。
各業界別のリース資産一覧

リース品を簡易的に管理したい。リース品の数量管理に頭を悩ませていた、経営者様または担当者様、まずは弊社までご相談ください。

お問い合わせ