弊社ソフト「B-Touch」はRFIDを手軽に活用し固定資産を管理するパッケージとして好評を博しています。

今回はお客様の工場で採用された実例を元にRFIDラベルの特徴・導入メリット・運用イメージについてご紹介。

一般的な固定資産ラベルやQRコード付与付きのラベルと何が違うのか?記事を読んで頂けると、お分かり頂けると思います。

RFID固定資産ラベルの特徴

固定資産RFID管理の特徴
「B-Touch」を採用して頂いたお客様の現場環境は、工場の屋外にも固定資産が設置されている点、屋内の設備機器は定期的に洗浄する運用が導入条件でした。

お客様の条件を加味して弊社からは「金属対応」と「防水仕様」のRFIDを選択しました。

またRFIDの特徴としてRFID自体に情報を保存しているため、ラベルの文字情報が擦れて消えても印刷と関係なく情報を読み取れるメリットがあります。

ただ文字情報が全て消えると運用時に問題も生じる恐れもあり、耐性の強いリボンとRFIDで運用をカバーするようにご提案。

なお電波を利用して情報を読み取る点はRFIDの大きな特徴です。そのため多少ラベルと距離が離れても読み取り可能な点は採用評価の一つとなりました。

「B-Touch」固定資産の運用メリット

固定資産RFID管理のメリット
RFIDラベルは一般的なラベル運用と何が違うのでしょうか?

先にも触れましたがRFIDは離れた場所から情報が読み取れるため、固定資産品に近づきにくい場所でもラベル情報を認識できます。

通常のラベルは文字情報を確認する必要があります。QRコードは必ずQRコードを読み取る必要があります。しかし電波を使うRFIDは近づくだけで読み込める点は他の運用と大きく異なります。

またラベル情報はRFID専用ハンディターミナルを利用してデータ収集するため、目視確認やQRコードの運用に比べ棚卸し対応のスタッフ数を削減し少人数で作業をカバー。

ハンディターミナルで読み取るため、目視確認と違い確認の間違いが防止されます。

なお棚卸し後はハンディターミナルの読み取った情報を、そのまま棚卸しデータとして利用が可能です。

台帳記入や入力作業を廃止できる点が「B-Touch」とRFIDを活用した固定資産管理のメリットとなります。

「B-Touch」固定資産の管理の流れ

固定資産のRFID運用の流れ
RFIDラベルを使った管理は基本的に今までと大きな差はありません。

会社で管理している固定資産データを元に「B-Touch」を経由してラベル発行をします。

ラベルには固定資産番号などの情報を印刷しRFID内部にも同様の情報を記録保存させ、固定資産品に貼り付けて運用開始となります。

固定資産管理ビフォー・アフター

お客様がB-Touchを導入した前後で、どのように工数削減が出来たのでしょうか?実運用を比較しながらご紹介したいと思います。

現状の固定資産の運用イメージ

RFID導入後の固定資産管理の運用イメージ

棚卸し作業時に資産配置がひと目で分かる「資産配置図」と固定資産番号が記載された「紙台帳」を出力して準備を行っていました。

複数名のスタッフに1階2階などエリア分けした「資産配置図」と固定資産番号が印字された「紙台帳」を手渡し棚卸し開始。

配置図に記載された資産を目視で確認後、ラベルの固定資産番号を確認し「紙台帳」にある「固定資産番号」と照合してチェック記入

作業が終わると各担当者がエリア分けして記入した「紙台帳」を取りまとめて、Excel台帳に記入するという運用が今までの流れでした。

RFID導入後の固定資産の運用イメージ

RFID導入後の固定資産管理の運用イメージ

棚卸し作業時に今までと同じ方法で「資産配置図」を準備。

「紙台帳」の代わりにRFID専用ハンディターミナルを準備し、パソコンにインストールしている「B-Touch」から予定データとして固定資産番号を転送

「資産配置図」より場所を特定し、ハンディターミナルをラベルに近づけると画面に読み取った固定資産番号が表示され、予定データと照合し保存。

作業後は各担当者が利用したハンディターミナルをパソコンと接続して「B-Touch」にデータ転送するだけ。

現場での「台帳入力」や作業後の「パソコン入力」などの手作業は完全に廃止されます。

この記事のまとめ

如何でしたか? RFIDを活用した固定資産管理のイメージがご理解頂けたのではないでしょうか?

基本的な運用の流れは今までとほぼ変わらず、固定管理パッケージソフト「B-Touch」と機器を導入すると、省人化と作業精度アップが実現できます。

現場経験豊富なスタッフがお客様の固定資産の棚卸し運用環境のカイゼンをお手伝いいたします。

お問い合わせ